庭と家

心地よい庭と家にするため、してきたこと。したいこと。

2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

イチジクの株元緑化計画2024年度 第1段 グランドカバー編

イチジクの株元周辺緑化計画2024年度始動 イチジクの株元緑化計画2023年度は失敗に終わり、 niwaie-kaede.com 露出地面を見て来年の春まで待つことができず、今からでも植えれる植物はないかと探していました。 植える植物の条件は、 ・常緑種(冬季半常緑)…

イチジクの株元緑化計画2023年度 消えたシンバラリアとラベンダー

イチジクの株元緑化計画がきっかけとなった2022年。 niwaie-kaede.com イチジクの株元緑化計画2023年開始 3月になりイチジク株元の緑化を始めようと新しく植物を迎え入れる前に、 ヒョロヒョロと伸びバサバサとなって倒れるサントリナの株下に、新芽が芽吹い…

イチジクの株元周辺の緑化(下草)計画2022年度 まだ鉢植物がメインです。

イチジクの株元周辺 庭の南側のコンクリートブロック塀が気になるので草丈のある草花を植えてブロック塀を隠す計画を進めていますが、 もう一つどうにかしたいと悩んでいる場所があります。 それは庭の東側に植えているイチジクの株元周辺の地面です。 端的…

南側のコンクリートブロック塀を隠すには、樹木が駄目なら草花を植えればいいじゃない。

※記事で使ってる「コンクリートブロック塀」を要所以外「ブロック塀」と省略しています。 庭の南側のコンクリートブロック塀 常緑の樹木や草花、下草が増えてもまだ冬の時期は寂しいと感じる庭の南側。 隣家が見える南側のブロック塀に沿って樹木を植えてい…

イセリアカイガラムシの幼虫、成虫は見たことがありません。

イセリアカイガラムシの幼虫 今年、4月中旬頃からサンゴジュハムシの幼虫との戦いを始めたのですが、 niwaie-kaede.com 我が家の庭では毎年、5月頃から戦っているカイガラムシの幼虫もいます。 カイガラムシといってもいろいろな種類がいるらしく名前が付い…

ビバーナム・ティヌスは花が咲かずサンゴジュハムシの卵が孵化したので駆除します。

ビバーナム・ティヌスの蕾 去年、我が家のビバーナム・ティヌスに発生したサンゴジュハムシ。 2023.10.29 サンゴジュハムシによる食害痕 サンゴジュハムシによる食害のお話は下記をご覧ください。 niwaie-kaede.com サンゴジュハムシの駆除と予防のためビバ…

マートル(銀梅花)酒づくりとマートルに病気

病気の対処で剪定したマートルがここ最近になって元気にたくさん展葉始めたので我が家のマートルのお話をします。 マートル(銀梅花=ギンバイカ) 2023.6.11 / 2023.10.10 フトモモ科ギンバイカ属の常緑性低木であるマートルは和名でギンバイカ(銀梅花)と…

2024年5月4日 ミモザの剪定作戦:春の部

2024年5月4日 午後1時過ぎ 遅くとも6月初旬にはミモザの花芽ができる時期なので 5月中旬には剪定を済ませようと予定していましたが このゴールデンウィークに我慢できず剪定することにしました。 2024.5.4 ミモザ剪定前 隣家に伸び放題の暴れ枝。 自宅のキッ…

冬に剪定をしたモミジの成長と2024年の春の剪定

今年、サクランボの実が赤くなる前にほぼ落下し残った実もシワがあったり、 カメムシに食害されたりと食べれるようなサクランボができませんでした。 そんなことで防鳥ネットを張っている必要がなくなったので 例年より早くネットを取り外したところ、 黒と…

5月の草花と花木(2023年)

去年の5月の花の紹介をします。 シャクヤク 2023.5.1 シャクヤク 5月の初めには切り花として飾った3輪のシャクヤクです。 優しい色とふんわりした花びらがとても素敵でした。 ドクダミ 2023.5.20 ドクダミ 癖がある匂いで繁殖力が強く地下茎でどんどん増える…

2024年4月の草花と花木(31.長崎ラベンダー~)

4月中に4月の草花の紹介を終える予定でしたが、 予想より花の種類が多く今回は31種類目からの紹介です。 31.長崎ラベンダー・しずか 2024.4.25 長崎ラベンダー 野菜の苗を購入しにホームセンターに行ったのですが 「暑さに強い」というポップに惹かれついつ…